NYウェディング現場視察&カスタマイズデザイン研修ツアー

2019年4月18日~20日(現地3日間)

venue22国内でも需要が高まってきた「カスタマイズウェディング」の研修ツアーです。NYのプロたちによる、テーマに応じたウェディングデザイン構築法が学べます。ウェディングデザイナーやフラワーデザイナーは独自のヒアリングやインスピレーションを通しテーマを具現化します。彼らの実勢ベースの話はリアルで刺激的、そして貴重な機会です。同時にカスタマイズされた挙式・披露宴会場の施工現場見学、人気会場・デザインホテル等の訪問し最先端のNYスタイルを体感いただきます。 その他ラグジュアリー系ドレスサロン、ケーキパティシェ、ペーパーアイテム等の訪問やレクチャー、そしてトレンドを先行く資材屋では花器などの装飾アイテムの仕入購入も可能。プランナー Susan Chagnon氏からのプランニング実務も紹介いたします。


現地コーディネーター/Susan Chagnon氏(プロフェッショナル・ブライダルコンサルタント)
chagnonマンハッタンを中心に25年以上に渡り活躍しているNYで人気プランナー。提案力やデザイン能力の高さはもちろん、経験を活かした新郎・新婦へのコミュニケーション能力の高さにも定評がある。2011年11月発行ブライダル産業新聞で同氏が手掛けたユニークなウェディングなどが紹介される。
https://www.susanchagnon.com


現地同行・通訳/小原義之 ABC協会アジア・オセアニア統括代表
NYウェディング事情はもちろん、米国トップのウェディングデザイナーらとの親交からデザイン構築も把握しており、解説付き同行案内で十分な理解を得て会場見学やレクチャーの時間を持っていただけます。訪問先には会場以外にもフローリスト・リネン・ペーパー関連等の他、最新トレンド商品が豊富な資材問屋(ご購入可能)へもご案内します。

こちらは研修に参加されましたアンジェリカ(株)代表取締役の船戸康雄さんからのコメントです。

この研修は、訪問した会場がどう本番で変化するのか?学べる素晴らしいものでした。ドレス、ケーキ、ペーパーアイテムなどのデザイナー、プランナーに直接質問をし貴重な答えを得ることもできました。案内された場所はNYで人気のあるところばかり。僅か3日間で「6つの会場」「著名なプランナー/デザイナー」「ペーパーアイテム、ケーキ、ドレスなど」を見て回りました。「Before」と「After」のわかる資料も用意されており大いに興味を持てる訪問でした。会場説明を通し、会場全体の活かし方についても学べました。窓辺の装飾、二人の記念写真、ダンスを楽しませる工夫、挙式装飾、トータルコーディネートの仕組みなど、会場がどう飾られ本番のウエディングを迎えたか?カップルがどのようなパーティを満喫したかなども分かりやすく教えていただきました。研修に対する評価は参加者の意識・スキルの差で異なるとは思います。しかし、私にとっては長年の実績ある研修に際し内容の濃さに驚きであり今回参加して本当によかったと感じています。
こちらでは船戸氏の研修リポートが画像と共にご覧いただけます。

スケジュール

日時 内容
初日 終日:人気会場視察・資材サプライヤー訪問・ブルックリン散策 等
二日目 終日:デザイナーレクチャー・各関連業者訪問・ウェディング施工現場視察 等
最終日 終日:ウェディング施工現場視察・プランナーレクチャー 等
夜:懇談食事会(任意参加)
帰国日 NY出発
翌日~成田空港・関西空港到着(※延泊可能)

<研修期間中の集合場所>
追ってご案内(指定ホテルのロビーを集合場所とします)
*集合場所次第でホテルを決定される方は協会日本オフィスまでお問合せください。

<参加費>
 ■ABC協会員:170,000円  ■ABC協会法人会員社員:180,000円  ■一般:200,000円
<参加費に含まれるもの>
 会場訪問への謝礼、レクチャー講師料、訪問先・レクチャー等手配料、引率・通訳・解説
<費用に含まれないもの>
 食費、航空券、宿泊費、現地交通費 等

 ※航空券・宿泊費用につきましては航空会社・ホテルにより価格が異なりますのでご相談ください。
<お申込み締切り>
 2019年2月28日(最大8名の少数精鋭研修のため定員になり次第受付を締切ます)

NYウェディング現場視察&デザイン研修ツアー資料&申込書請求フォームへ

先日の研修ツアーを振り返って

参加者の方々から多くの反響をいただいています。研修の模様と参加者の声を一部ご紹介します。

comment-2