全米ブライダルコンサルタント協会日本オフィス

ABC協会とは

創設から半世紀以上の歴史を誇る全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会/本部:米国コネチカット州)は、半世紀以上の歴史を誇り、ブライダル業界で活躍するプロフェショナルたちのための組織として、現在、約50か国において総勢約7,000名の協会員が加盟しています。協会員には「プロフェッショナルの証明」となる資格を認定し、同時に協会員のビジネス向上を目指した活動を行っている国際的にも最大規模の権威ある協会です。
日本においては現在、約1,000に及ぶ個人協会員・法人会員を有し、資格認定のみならず、会報誌や各種セミナー・研修を通じて、国内外の様々な情報や実務向上のためのノウハウを協会員に提供しています。また「フリープランナー育成プログラム」 などを通して独立型プランナーの支援を行う一方、法人会員として登録されている企業には 全米ブライダルコンサルタント協会概要 「法人会員社員対象資格認定制度」をご活用いただくことで、社員向けの各種研修を無料または優待料金で提供しています。
さらには当協会の認定校(全国の大学・短大・専門学校・ビジネススクール等)を通して、ブライダル、ドレススタイリング、ウェディングフラワー分野におけるこれからの業界人育成に努めると共に、協会が認定している各種検定の受験者は、毎年約3,000名以上にも及びます。

  • ABC協会が認定する資格は世界のブライダル業界に認識された国際的な資格です。
  • 認定資格は婚礼担当者・ブライダルプランナー向け資格、関連業者(フラワー・衣裳・司会・メイク・フォト・エステ等)向け資格、そして、これからブライダル業界を目指す方々への資格に分かれます。
  • ホテル・婚礼施設等、また各種の関連商品・サービスを取り扱うサプライヤーを対象とする法人会員に対しては、社員一人ひとりのスキルアップ、モチベーション向上、離職率軽減にも繋がだけでなく、自社内の昇進にもリンクしていただける法人会員社員資格認定制度をご提供しています。
  • 当協会が提供する教育プログラム・教材(ブライダルプランニング、ドレススタイリング、アメリカンフラワーアレンジメント)を導入するスクールを協会認定校と位置付け、各認定校にて各種各検定試験を実施しています。

今回のコロナ禍はブライダル業界にとっても大変な影響を及ぼしています。そのため、今後、婚礼カップルへの営業や打合せなどもオンライン対応に代わっていくことが見込まれますし、また、お客様ごとに感染予防などに対するニーズもまちまちです。その結果、一会場・一プランナーでありながらも、お客様ごとのご要望に沿って様々な婚礼スタイルや商品化が求められてきます。つまり、婚礼担当者には今まで以上の更なるスキルが求められてきます。

同時に、ブライダル業界問わず、今後、安定した業界や企業はもうなくなり、これからは自分自身の力が安定に変わる時代です。コロナ禍の業界は誰も経験したことがありません。

だからこそ、リアルな情報をかき集めて自分なりの解を導き出して市場と向き合い続けることが必要です。正解がないからこそ情報と行動が求められるのです。そのためにABC協会を自身の情報源・支援機関として頼る業界人は増えています。

業界関係者の皆さま、是非、私どもの協会を覗いてみてください。皆さまにとって活用する価値のある存在が私たちABC協会です。

アジア&オセアニア統括代表 小原義之

こちらから「協会案内」ダウンロードしていただけます

  • 協会長 David M. Wood
    協会長 David M. Wood
  • 創設者夫婦 Gerard J.Monaghan & Eileen P..Monaghan
    創設者夫婦
    Gerard J.Monaghan & Eileen P..Monaghan

本部協会役員、および役職

David M. Wood III/President, Gerard J. Monaghan/Co-Founder, Eileen P. Monaghan/Co-Founder, Elayne Anderson/ Director of Operations, Nicole DaSilva/Member Services, Dena Davey/Director of Marketing, Renee Grannis/Director of Ethics & Compliance, Elise Enloe/Director of Education, Lois Pearce/Director of Ethnic Diversity, Steven Ledewitz/ Director of Meetings & Conferences, Carol Carroll/Director of Membership Records

アジア&オセアニア統括代表 小原義之

株式会社ソフィア通商 代表取締役

小原義之

クレディスイス銀行、その後富士銀行(現みずほ銀行)本店にて為替資金部に所属し1992年に退行。その後、欧米ウェディングドレスの代理店業務を国内で初めて確立し、マスコミ等で幅広く紹介されるなど、当時のドレス価格破壊の火付け役となり、その後の欧米ドレス人気を先導する。全国の衣裳店・式場へのドレス輸入販売の傍ら、90年代はオリジナルブランドドレスの生産も手掛けるメーカー業のほか、ドレス直営店も都内をはじめ国内4店舗を展開する。現在はブライダ専門商社として欧米ブランドドレスの輸入仕入仲介やアジアでのドレス・メンズフォーマル生産の仲介、他に資材等の輸入仕入仲介業務に特化。縁あって2002年にABC協会の日本代表に任命され、多くの欧米ブライダル業界関係の要人と親交を持ち、現在、アジア&オセアニア統括代表としてアジア各国でプランナー育成・講演・コンサルティング・協会資格認定等の活動を展開する。2015年米国最高裁による同性婚合法化結審の翌日には日本人レズビアンの同性婚挙式をNYでプロデュース。その模様はNews23(TBS系)、News Every.(日テレ系)にて放映される。
貿易実務並びに婚礼関連著書多数

25ans Weddingオフィシャルブログでは毎週木曜日に国内外の最新情報を発信中!
25ans Wedding「結婚式の演出」コーナーでは毎月”ウエディング・パーティ最旬トレンド”を発信中!
その他、業界紙「Wedding Journal」にて”世界のウェディングトレンド情報”(毎月)、
「ブライダル産業新聞」にて”ウェディングデザイナー講座”(毎月21日号)を各連載中!

名誉協会員

名誉協会員

世界中に約7,000名を超える協会員の中でも「名誉協会員」の称号は過去に4名しか認定されていません。そして、現在も活躍する名誉会員は、米国で絶大なる人気を誇りトム・クルーズ氏のウェディングや世界の高級ホテルのデザインを手掛けてきたColin Cowie氏と、自身の冠番組も大人気であり、一方ディズニーでのフェアリーテイル・ウェディングの専属プランナーDavid Tutera氏のみです。 そして、2010年7月、日本のみならずアジアそして世界を舞台に活躍する桂由美氏の功績と業界への貢献を称え、アジアからは初めての名誉協会員の称号が同氏に授与されました。
写真は名誉協会員盾を授与する小原氏と桂由美氏