第18回 ABC協会年次コンファレンス(2019年12月3日開催)

テーマ「Wedding Business 2020」
全5部構成のセミナー & 懇親会の形式で開催!

セミナー概要
【 第 1 部 】
司会者は見た!数多くの現場をみているから分かる、もっと良くなる日本の披露宴!

by 恋塚 太世葉 氏(全日本ブライダルMCアライアンス/BMCA 会長)他3名

【 第 2 部 】
生き残りが熾烈な葬儀業界の実態と勝ち組戦略 & 葬儀プランナーから学ぶお客様との信頼関係構築法

by 橋爪 謙一郎 氏(一般社団法人グリーフサポート研究所 代表理事 /株式会社ジーエスアイ 代表取締役)

【 第 3 部 】
どこよりも早い!最新欧米ウェディングトレンド & デザイン構築 2020

by 小原 義之(ABC協会アジア&オセアニア統括代表)

【 第 4 部 】
新時代に突入!今どきの花嫁とは?& まだまだ大注目!花嫁に”刺さる”SNS活用術

by 榎本 純 氏(オリジナルライフ株式会社 代表取締役)

【 第 5 部 】
会場プランナー必見!制限があっても諦めない、素敵なウェディングの作り方

by Ayame 氏(フリーウェディング&イベントプランナー)

詳細は下記をご覧ください

高まるABC協会へのニーズ!
ブライダル業界では、今日・明日の成約率&単価アップに繋がるセミナーなど目先の結果を追うものが多く見られます。しかし、3~5年後の市場を理解し、それを見越した戦略を立てることは、経営者はもちろん現場で活躍する全ての人にとって必要なことです。そのためには、国内外ブライダル市場の分析・活用は必須であり、数年先を見越した「今やるべき取り組み」にも繋がるのです。
その主旨を念頭に、当協会では同性婚や再婚式、米国で真っ先に起きたSNS世代花嫁の動き、日本市場に進出する中国企業の動向なども報告してきました。このような数年先を見据えた企業研修やセミナーを提供できるのが当協会の強みであり、業界の方から「ひと味違う」と理解されている背景と自負しています。
今回もその主旨のもと、コンファレンスを行います。
是非、本コンファレンスにご参加ください。本コンファレンスは単発のイベントという位置づけではありません。協会員へNews Letter等での発信以外にも、全国8か所で開催する地区セミナー、当協会が構築した「接客コミュニケーションプログラム」や「フリープランナー育成プログラム」、法人会員には社員向け資格認定や無償での研修実施など、継続して活用しがいのある協会であることをご理解いただけます
アジア&オセアニア統括代表 小原 義之

コンファレンス終了後は懇親会を開催。全国から参加するプランナーや関連業者、また講演者も参加予定です。多くの方と交流を持ち繋がりを広げてみてはいかがでしょうか?


第1部:BMCA代表・恋塚氏と現役司会者3名によるトークセッション
司会者は見た!
数多くの現場をみているから分かる、もっとよくなる日本の披露宴!

毎週のように異なるお客様と打合せをし、毎週のように異なる会場で披露宴の進行をする司会者。このように当日の披露宴の「数多くのパターン」を見ている司会者、今回は合計4名の方にご登壇いただき、今まで見た披露宴から「こんな斬新な演出があった」「こんな面白いサプライズがあった」「こんな○○は見たことがない」と言ったリアルなアイデアをお届けします!同時に「このようなことは今すぐに変えるべき」といった辛辣な意見も?話し上手な司会者4名のパネルディスカッション、進行役はBMCA会長の恋塚氏が担当します!

恋塚 太世葉 氏
全日本ブライダルMCアライアンス(BMCA) 会長(ABC協会上級ウェディングヴェンダー)
全国司会者ネットワーク「BMCA」会長。大学在学中より仙台市で、披露宴スナップ撮影カメラマン、DJとして活動をスタートさせる。卒業後活動の場を東京に移し、以降ブライダル専門の司会の傍ら、専門学校などで、プランナーの育成やBMCA会長として、後進の育成に力を注いでいる。当協会の上級ウェディングヴェンダー国内認定者第一号。Weddings Beautiful Worldwide認定ウェディングスペシャリスト。著書として「ブライダル司会の極意(2019年7月出版)」「ブライダル博士のハンドブック」「ブライダル司会者プレミアムハンドブック」などがある。


第2部:ブライダル業界が学べることがこんなにも多く葬儀業界に!
生き残りが熾烈な葬儀業界の実態と勝ち組戦略 &
葬儀プランナーから学ぶお客様との信頼関係構築法

葬儀件数の増加傾向にありながら生き残りが厳しい葬儀業界では何が起きているのか?米国の経験も活かし葬祭企業の再生に導く同氏のノウハウは「お別れ会」提案も含めブライダル業界にも参考となります。一方、大切な人を亡くした遺族に対し、信頼関係を築き、短時間で遺族の希望に合った提案が求められる葬儀プランナーは、一般的な接客とは比べ物にならないほど高いレベルが要求されます。亡くなってからの限られた時間で遺族の気持ちを理解して寄り添い、故人やその遺族のニーズに合った提案をする葬儀プランナーから、ブライダル業界人は学ぶ点が多くあるのです。

橋爪 謙一郎 氏
一般社団法人グリーフサポート研究所 代表理事 /株式会社ジーエスアイ代表取締役
米国カリフォルニア州エンバーマー米国国家資格フューネラルディレクター、米国Celebrant Foundation & Institute認定フューネラルセレブラント 1994年に渡米。ピッツバーグ葬儀科学大卒業後フューネラルディレクター試験に合格。さらにジョンFケネディ大学大学院にてグリーフケアに関する修士号、エンバーマーライセンスを取得し2001年帰国、2004年創業。現在はエンバーミング(遺体衛生保全)事業の他グリーフサポート事業として企業コンサル、一般向けセミナー等行っている。昨年(一社)グリーフサポート研究所設立。遺族支援の専門家としてグリーフサポートバディ、儀式の専門家としてセレブラントの2つの認定資格を創設し、死別による喪失体験者の支援人材を育成している。米国での葬祭業における実務経験と知識を持つ、グリーフサポート及びエンバーミング普及の第一人者。

今、葬儀社経営は岐路に立たされています。もはや、葬祭場を開設すれば売上げが見込めるといった環境ではありません。同時に葬儀の合理化・簡素化が進み「なぜ葬儀をなぜするのか?」「その時間は遺族にとってどんな意味があるのか?」というご家族も多くいます。そのため、施設(ハード面)の魅力に加え、人材(ソフト面)の育成が急務になっています。・・・これは、置き換えればブライダル業界で繰り返し聞かれるフレーズ。24時間体制という過酷な条件下で、かつ葬儀までの僅かな準備時間の中でお客様との信頼関係を築くことは多様化する新郎新婦においてメンタル面のサポートも必要とされる婚礼担当者にとって必聴に値するものに間違いありません。同時に、私の想像とは真逆だった葬儀ビジネスの現状と将来、そこで求められることを知るのは、婚礼会場運営者にとっても意義あることと確信しています。
ABC協会アジア&オセアニア統括代表 小原義之

第3部:まだまだ斬新なアイデアが海外には目白押し!
どこよりも早い!
最新欧米ウェディングトレンド & デザイン構築 2020
毎年様々なトレンドが米国を中心とした欧米で生まれており、そのトレンドを取り入れた実際のウェディングの模様がSNSで投稿され、そしてそれを見た花嫁や業界人によって日本でもトレンドとなります。カラー、コーディネート、フラワー、ドレス等、今年の様々なトレンドを一挙にご紹介いたします。多くの情報を得ている花嫁や他企業に劣らないよう、ここで最新のトレンドを入手してください。また米国で人気のウェディングデザイナーやプランナーが実践している、デザイン構築のために実践しているユニークなヒアリング方法もご紹介いたします。

小原 義之
ABC協会アジア&オセアニア統括代表(ABC協会認定マスター・ウェディングヴェンダー)
ブライダル業界で28年目を迎え、欧米・中国の業界要人やトッププランナーとの幅広い人脈から得る様々な情報を、毎年セミナーや法人会員企業への研修、SNSで発信を続ける。また、欧米ブランドドレスやアジア工場生産ドレス輸入の仲介を主業務とする専門商社を経営。多くの欧米人気ドレスデザイナーとも交流があり、ドレススタイリストとして25ansウェディング誌では毎回ドレストレンド情報も発信中。また、25ansウェディングサイトではオフィシャルブロガーを8年間務め、ブログは月間60,000ビューを数える。


第4部:昨年の講演が大好評につきパワーアップした内容で再登場!
新時代に突入!今どきの花嫁とは?&
まだまだ大注目!花嫁に”刺さる”SNS活用術
アプリの進化と並行するように今どきのカップルも目まぐるしく変化を遂げています。数年前とは情報収集するメディアや手段に変化が起きています。今どきの花嫁はどのようなタイプなのか?そして、今どきの花嫁に対し会場・プランナーはどのように対応すべきなのか?また、これら今どきの花嫁に切っても切れないのがインスタグラムをはじめとしたSNS。SNSをどのように活用すれば、今どきの花嫁に“ささる”のか?花嫁人気No.1のアプリ「WeddingNews」の榎本氏による、昨年大好評だった講演のパワーアップバージョンをお届けいたします!

榎本 純 氏
オリジナルライフ株式会社(ABC協会法人会員)代表取締役
東京大学卒業後、McCann-Ericksonでメディアプランニングを経験、リクルート入社。新規事業コンテストNewRINGにてグランプリを獲得。 R25のWEB化、ポンパレの立ち上げを経て、16年ウェディングニュースをリリース。リクルートTOPGUNアワード受賞。ソフトバンクアカデミア1期生。


第5部:発想の転換とアイデアで不可能を可能にする、その方法をお伝えします!
会場プランナー必見!
制限があっても諦めない、素敵なウェディングの作り方
「お客様の要望に応えたいのに、会場の制限やお客様の予算が少なくて実現不可能」という声を耳にします。不可能…と諦める前に!発想の転換やアイデア次第で、実現できたりお客様が満足する代案が出せたりするのです。ものを捉える角度や考え方を変え、視野を広げましょう。発想力やアイデア力を磨くための方法をお伝えします。さらには、Ayame氏監修「今の自分に足りないものを簡単に知るチェックシート」や「自社で即改善すべき点が一目瞭然のチェックシート」のお土産付き!とてもわかりやすく、翌日から活用できる内容です。Ayame氏のパワフルな講演で、仕事へのモチベーションもあがること間違いなしです!

Ayame 氏
フリーウェディング&イベントプランナー(ABC協会上級ブライダルコンサルタント)
ドレススタイリストを経て、アニヴェルセル表参道でプランナーデビュー。プロデュース会社&LAの経験を経て2008年に独立。著名人やこだわりあるカップルから指名を受け、世界中でプロデュース(1200組以上)。アメリカンウェディングの先駆者として、セミナー講演・研修(プランナー・ドレススタイリスト・フローリスト・カメラマン)・企業コンサルタント、専門学校講師、司会者、空間装飾デザイナー等、幅広い分野で活躍中。


商品・サービス取り扱い関連業者様へ
コンファレンス当日は会場に出展テーブルを設け、商品・商材をご紹介いただけます。商品・商材、出版物などのブース出展をご希望される方は、当協会日本オフィスまでお問合せください。なお、コンファレンス参加が必須となり、別途ブース使用料が発生いたします。(法人会員は無料出展可)
※ブースの数に限りがありますのでご希望の方はお早めにご連絡ください。
出展にあたり事前に簡単な出展内容の確認をさせていただきます。

第18回ABC協会コンファレンス
日時:2019年12月3日(火) 13:00~18:40
場所:アイビーホール (東京都渋谷区渋谷4-4-25)
参加費:会員10,000円 法人会員社員12,000円 一般16,000円(税込)
申込締め切り:2019年11月26日
キャンセル規定:11月26日以降のキャンセルは返金不可

<開催会場 アイビーホールご紹介>ivy
その花言葉
1968年9月に開業しアイビーホールのシンボル「ツタ(アイビー)」から
その花言葉である「誠実」「信頼」「破綻のない愛」をモットーにこの地で誓う
「永遠の愛」を叶えるためにアイビーホールと命名された。
圧倒的存在感のスケールの大きいチャペルから80年以上の歴史を持つ伝統的なチャペルの他、
着席最大160名対応のモダンなバンケットからロマンティックなパーティ会場まで幅広く揃っている。
参加お申込みは一番下へ

コンファレンス参加者&講演者 懇親会 @クラシカ表参道
コンファレンス終了後、コンファレンス参加者・講演者の交流を目的とした懇親会を開催します。会場はブライダルプロデュースの会場として今人気の「クラシカ表参道」で開催いたします。コンファレンスを行うアイビーホールから徒歩3分ほどの立地です。レストラン営業もしており料理も大変評価の高いクラシカ表参道の食事を楽しみながら、全国から参加する業界関係者や講演者と交流を持ち、繋がりを広げてみてはいかがでしょうか?また、昨年実施し大好評だったリクルートブライダル総研主催のプランニングコンテスト「Good Wedding Award」ファイナリストの発表映像を、今年もブライダル総研・金井氏の解説付きで上映いたします!他会場のプランナーが手掛けたプランニングを深いところまで見ることができる、数少ない機会ですのでこちらもお楽しみに!

懇親会
日時:2019年12月3日(火) 19:00~21:00
場所:クラシカ表参道
参加費:6,600円(税込/ABC協会員・一般共通)
申込締め切り:11月26日
キャンセル規定:11月26日以降のキャンセルは返金不可
<開催会場 クラシカ表参道ご紹介>
横浜を中心とした会場運営など幅広く事業展開しているブライダルプロデュースが、
満を持して都内一等地にオープンした会場の「クラシカ表参道」。
表参道にありながらも静寂に包まれた落ち着いた立地に、日本の伝統美を守りながら
今までにないデザインや色で人気となっている同会場。
平日はレストラン運営もしており、フランス人シェフのステファン・パンテル氏プロデュースによる、
素材・器・味のすべてが独創的で素晴らしいメニューを提供しています。
今回は、食事の面でも注目を集めている同会場にて、立食形式の懇親パーティを開催します。

参加お申込みは下から

年次コンファレンス&懇親会 参加申込みフォーム

セミナー資料ダウンロードはこちらから

2018年度コンファレンスリポート   2017年度コンファレンスリポート  2016年度コンファレンスリポート