地区セミナー

次回開催追ってご案内
下記は2019年秋期地区セミナー概要(ご参考)

全てのブライダル事業者必見! 「心を動かす接客術」


人は何かを購入する時、必ず「心が動く」から買おうとするのです。同じ商品・サービスでも、心が動かなければ購入しません。「すぐに数字がアップ!」というような小手先のテクニックではなく、お客様の心を動かし納得して契約していただく、その仕組みと方法をお伝えします!

心理学を使ったスタッフ指導や式場のコンサルティングで 活躍中の桃井氏がレクチャー担当!

プランナーをはじめ、ウェディングに関わる多くはお客様と接客をするビジネスです。

突然ですが、一度思い浮かべてください。洋服や電化製品、何かを買う時、心が動いたから購入をしませんか?それは、その商品やサービスがよいものだからという理由はもちろん、その商品やサービスについて説明をしてくれた担当者が素晴らしかったため購入に至ったというケースも多々あるのではないでしょうか。言い方を変えると、商品・サービスに大きな特色が無くても、セールスする人が素晴らしい場合、心が動かされ購入に繋がるのです。

新規来館での成約、料理やお花、ヘアメイクなど、ウェディングにおいては多くの場面で「お客様の心を動かす」ことが求められることは間違いありません。

今回のセミナーでは、モノやサービスを購入する際、人はどのように心が動くのか?その心理的メカニズムを理解した上で、接客をする側はどのようにお客様と接するべきなのか、その接客術をお伝えいたします。

単純に成約率や単価をアップさせるためのテクニックをお伝えするセミナーではありません。小手先のテクニックでは、本質的なところにアプローチができずお客様の心を動かすことができないため、強引な接客になりかねません。

強引に商品を売りつけるような時代は終わりました。強引な販売は今の時代口コミやSNSであっという間に拡散され、状況次第では大きなマイナスイメージに繋がる可能性もあります。また、接客をする側の精神衛生上も良くありません。今の時代に求められる最新の接客術をお伝えいたします。

協会員の皆さんへ配布していますNewsletterで毎回寄稿を頂いている桃井氏と交流を深めてみませんか!?
セミナー終了後は、参加者同士および講師の桃井氏も含めた名刺交換交流、そして情報交換の時間を30分設けております。講師の桃井氏を中心に、セミナーの質疑応答や仕事で困っていること、桃井氏や他の参加者に聞いてみたいことなど、自由にコミュニケーションを取れる時間としております。お時間に余裕のある方は、ぜひセミナー後も残っていただき、同じ業界の方々と交流を深めてみてください。

講師:桃井 文子 氏(ももい あやこ)
㈱スプリングフィールド 代表取締役/ABC協会認定 プロフェッショナルブライダルコンサルタント
大手化粧品会社のビューティーアドバイザーとしてトップセールスを記録。その後、岡山石山花壇(現ザ・マグリット)に入社。婚礼部門を新規で立上げ、支配人、経営企画室長を経て、常務取締役, 現在は(株)マグリットの顧問をつとめる。現在、婚礼プロデュースの他、全国の会場のコンサルティングを担当しており、プランナーの教育、指導を行っている。米国認定NLPマスタープロテクショナーを取得、心理学を使った接客や指導を行っていく手法でのコンサルティングを得意とする。ファッションスタイリストの資格を持ち、カラーを使って人のタイプに応じた接客方法の指導も行っている。2013年5月にNYのマンハッタンに支店、スプリングフィールドNEW YORKを立ち上げた。その他、ドレスの内製化ビジネスや海外ドレス輸入のサポートなども行っている。

地区セミナーとは

seminar6協会員をはじめ業界の皆さんが少しでも参加頂きやすいよう毎春・秋を基本として全国各地でセミナーを行っております。

毎回、アジア&オセアニア統括代表小原または各分野で活躍のリーダー、他にも多彩な現役のプロが中心となって欧米ブライダル情報や今、入手すべきスキルのご提供、勉強会、懇談会などを通じて皆さんのネットワーク作りにも役立て頂く地区ごとのセミナーです。

欧米では独立するプランナー・ヴェンダーがひとつのチームとなってカスタマイズウェディングに取り組んでいます。そして昨今、国内においてもようやく独立プランナーはもちろんのこと、ホテル・会場プランナーにとってもそのニーズに応えられるスキルが求められてきました。成約率アップはもはやハード面のセールスよりも、婚礼スタッフの能力次第なのです。その為にも商品・サービスを提供する各ヴェンダーとの商品作りは欠かせません。

当セミナーでは聴講するだけでなく、同じ地域の方々とのネットワークも築いて頂きながら、確実なスキルを身につけて頂けるよう少人数の参加でも行っています。

プロフェッショナルレベルの方々ばかりでなくアシスタントレベルの方々、そしてまだ協会には関わっていない、という方々もご参加頂けます。